Copyright (c) 2000 by author,Allrights reserved


インターネット情報

インターネットについて(連載G)
全国失語症友の会連合会 「言葉の海」より

2001年秋の号

メールの会
もう、皆さんご覧になりましたか?
インパク(インターネット博覧会)に掲載している仲間の姿を画面から感じるでしょう!?( http://www.bayget.com/inpaku/index.html )
皆さんも参加しませんか? インターネットに参加するのは簡単です。
例えば、「失語症記念館」に参加することで、博覧会、そう、インターネットに参加することができるのです。
「参加ってどうするの?」
「情報をメールで送信するか、Faxで投稿してください。
宛先は次のところです。
e-mail:t-goto@minos.ocn.ne.jp
個人でも、グループや友の会でも失語症関係の人であればOKです。
インパクは、何らかの形で永久保存版を検討しているようですヨ?!
そう云うことになったら面白いですネ。
さて、
メールと云えば、「全国失語症電子メールの会」を取り上げねばなりません。
1998年に電子メールの会の母体が誕生しました。「言葉の海 秋の号(8月、14頁) 」に「電子メールの交換を・・」と誘いの文字が載っています(会員数:4名)。
世話役の山本弘子STから、すぐに入会のお誘いがあったのですが、「言葉の海」の文面に、失語症者には患者、STにはSTと区別がありましたので、「・・私の場合は、失語症の患者は卒業と云われて、そのような生活を行なってきました。・・後遺症が残っていますが、患者という意識はありません」とメールでお答えしました。(1998.10.29送信)
次の「冬の号(11月、38頁)」に「失語症者電子メールの会」(仮称)の<会員>として、失語症者もSTも同じように表示されていました(会員数:6名)。
失語症者とSTが同じ会員で意見が交換出来るところはあまり例がありませんネ。
現在は、「全国失語症電子メールの会」として2001年7月会員数60名になっています。(渡辺 進会長)
毎年一回、天の川のように「全国失語症者のつどい」の会場で顔合せするのは、みなさんとも、彦星と織姫のようです。
如何でしょう!! 入会してみませんか!! 言語訓練にも役立ちますよ。


インターネット情報へ


記念館(元:有限会社ベイゲット)
Copyright © 2000 記念館(元:有限会社ベイゲット). All rights reserved.
最終更新日: 2001/10/02