横浜旭中央総合病院

横浜、若葉台。
横浜から八王子に向かってJR横浜線。新横浜を過ぎると郊外の風景です。気温も1、2度は違うかもしれない奇麗な空気が一杯でした。
十日市場駅を降りてバスターミナルでバスに乗り換え約10分で終点の若葉台中央。病院はすぐ目の前です。
若葉台は高層マンション群の中にあり、地域の住民と医療機関とが密接していました。

若葉台中央の高層マンション群
言語療法室では、失語症や麻痺性構音障害の方が言語の訓練をしていました。
訓練には個人・グループ・コンピュータ等があるそうですが、今回はコンピュータによる訓練について見学しました。

下左の写真は、名詞編の訓練風景です。
脳出血のため右麻痺になられたそうですが、左手でマウスを操作して元気に言葉の訓練をなさっていました。
下中央の写真は、動作編の訓練風景です。
文を言ったり、理解する練習をされていました。

名詞編での訓練風景

動作編での訓練風景

左から松元瑞枝、野村奈美
秋山秀子 各言語聴覚士

(2001/10/25 撮影者:後藤)

言語訓練用ソフトウェアは、横浜長者ライオンズクラブから贈呈された「言葉の散歩」の名詞編(2000年)と動作編(2001年)です。
訓練される方々は、楽しみながら頑張っていらっしゃいます。
外来での言語訓練も歓迎しております。
と松元STはおっしゃっています。

また、失語症友の会として「言喜(げんき)の会」が活動していて、地域のボランティアが10人専属で参加されているのが特徴だそうです。


ここから横浜旭中央総合病院にリンクしています。

横浜旭中央総合病院


病院・施設へ


有限会社ベイゲット
Copyright © 1998 有限会社ベイゲット. All rights reserved.
最終更新日: 2001/12/07